山下清展

2022-05-04

鹿児島市立美術館での山下清展。

ふと、ひとり入ってみた。

貼絵は知っていたが、幼少期のえんぴつ画から晩年の絵付けまで、多才な絵に驚いた。

幼少期、虫をえんぴつで描いていた頃の清さんの背景に心が震え、壁に飾られた絵に向かいながら、ただただ涙が溢れてきた。

これまでもいろんな絵画展に行き感動したつもりだったが、実は感動したフリだったのかもしれない。

人生、おこることに無駄は無い。おこること全て、魂を磨くためにおきているんだと、清さんが教えてくれた。